「C」から始まるアイテムを操作するコマンドレット/コマンドレット説明書一覧

このページでは、Windows PowerShell に用意されている中で、「C」から始まるアイテムを操作するコマンドレットの使い方をご紹介しています(^^♪

各コマンドレットのリンク先では、概要使用例を掲載しています。

※リンクがついていないページは準備中です。もうしばらくお待ちください (;´・ω・)

「C」から始まるアイテムを操作するコマンドレット

Command

・【Find-Command】の使い方
・【Trace-Command】の使い方
・【Show-Command】の使い方
・【Measure-Command】の使い方
・【Invoke-Command】の使い方
・【Get-Command】の使い方

ClusteredScheduledTask

・【Get-ClusteredScheduledTask】の使い方
・【Register-ClusteredScheduledTask】の使い方
・【Set-ClusteredScheduledTask】の使い方
・【Unregister-ClusteredScheduledTask】の使い方

CertificateEnrollmentPolicyServer

・【Add-CertificateEnrollmentPolicyServer】の使い方
・【Get-CertificateEnrollmentPolicyServer】の使い方
・【Remove-CertificateEnrollmentPolicyServer】の使い方

Computer

・【Add-Computer】の使い方
・【Stop-Computer】の使い方
・【Remove-Computer】の使い方
・【Rename-Computer】の使い方
・【Restart-Computer】の使い方
・【Restore-Computer】の使い方
・【Checkpoint-Computer】の使い方

Content

・【Add-Content】の使い方
・【Clear-Content】の使い方
・【Get-Content】の使い方
・【Set-Content】の使い方

CIPolicy

・【ConvertFrom-CIPolicy】の使い方
・【Merge-CIPolicy】の使い方
・【Get-CIPolicy】の使い方
・【New-CIPolicy】の使い方

Csv

・【ConvertFrom-Csv】の使い方
・【Export-Csv】の使い方
・【Import-Csv】の使い方
・【ConvertTo-Csv】の使い方

ComputerRestore

・【Disable-ComputerRestore】の使い方
・【Enable-ComputerRestore】の使い方

CIPolicyRule

・【Edit-CIPolicyRule】の使い方
・【Remove-CIPolicyRule】の使い方
・【New-CIPolicyRule】の使い方

Certificate

・【Get-Certificate】の使い方
・【Switch-Certificate】の使い方
・【Import-Certificate】の使い方
・【Test-Certificate】の使い方
・【Export-Certificate】の使い方

Clixml

・【Import-Clixml】の使い方
・【Export-Clixml】の使い方

Console

・【Export-Console】の使い方

Counter

・【Get-Counter】の使い方
・【Import-Counter】の使い方
・【Export-Counter】の使い方

Custom

・【Format-Custom】の使い方

CertificateAutoEnrollmentPolicy

・【Get-CertificateAutoEnrollmentPolicy】の使い方
・【Set-CertificateAutoEnrollmentPolicy】の使い方

CertificateNotificationTask

・【Get-CertificateNotificationTask】の使い方
・【New-CertificateNotificationTask】の使い方
・【Remove-CertificateNotificationTask】の使い方

ChildItem

・【Get-ChildItem】の使い方

CimAssociatedInstance

・【Get-CimAssociatedInstance】の使い方

CimClass

・【Get-CimClass】の使い方

CimInstance

・【Get-CimInstance】の使い方

CimSession

・【New-CimSession】の使い方
・【Remove-CimSession】の使い方
・【Get-CimSession】の使い方

CIPolicyIdInfo

・【Get-CIPolicyIdInfo】の使い方
・【Set-CIPolicyIdInfo】の使い方

CIPolicyInfo

・【Get-CIPolicyInfo】の使い方

Clipboard

・【Set-Clipboard】の使い方
・【Get-Clipboard】の使い方

CmsMessage

・【Get-CmsMessage】の使い方
・【Protect-CmsMessage】の使い方
・【Unprotect-CmsMessage】の使い方

ComputerInfo

・【Get-ComputerInfo】の使い方

ComputerRestorePoint

・【Get-ComputerRestorePoint】の使い方

ControlPanelItem

・【Get-ControlPanelItem】の使い方
・【Show-ControlPanelItem】の使い方

Credential

・【Get-Credential】の使い方

Culture

・【Get-Culture】の使い方
・【Set-Culture】の使い方

CimMethod

・【Invoke-CimMethod】の使い方

CommandInDesktopPackage

・【Invoke-CommandInDesktopPackage】の使い方

CimInstance

・【New-CimInstance】の使い方
・【Remove-CimInstance】の使い方
・【Set-CimInstance】の使い方

CimSessionOption

・【New-CimSessionOption】の使い方

CimIndicationEvent

・【Register-CimIndicationEvent】の使い方

ComputerMachinePassword

・【Reset-ComputerMachinePassword】の使い方

CIPolicySetting

・【Set-CIPolicySetting】の使い方

CIPolicyVersion

・【Set-CIPolicyVersion】の使い方

ComputerSecureChannel

・【Test-ComputerSecureChannel】の使い方

Connection

・【Test-Connection】の使い方

★おすすめの記事★

1
【ForEach-Object】PowerShellで配列の要素をループ処理させる方法

今回は、【PowerShellのループ処理方法】についてご紹介します。配列のようなコレクションオブジェクトに対してループ(繰り返し)処理をする場合は、”ForEach-Object”を使用します。

2
【Start-Process】PowerShellで別プロセスを起動させる方法

今回は、【PowerShellで別プロセスとして起動させる方法】についてご紹介します。PowerShell使用中にもう1つPowerShellを立ち上げたい時などはStart-Processを使用することで実現できます。

3
【Start-Process】PowerShellでプロセスをバックグラウンド起動する方法

今回は、【PowerShellで別プロセスをバックグラウンド起動する方法】についてご紹介します。新たにプロセスを立ち上げてスクリプトをバックグラウンド処理させるという場合はWindowStyleオプションを活用しましよう!

4
【Compress-Archive】PowerShellでファイルやフォルダをZIP圧縮する方法

今回は、【PowerShellでファイルやフォルダをZIP圧縮する方法】についてご紹介します。PowerShell5.0で新たに追加されたCompress-ArchiveでZIPファイルを作成することができます。

5
【Expand-Archive】PowerShellで圧縮ファイル(ZIP)の解凍する方法

今回は、【PowerShellで圧縮ファイルを解凍する方法】についてご紹介します。Expand-Archiveはv5.0で新たに追加され、PowerShellを導入していれば標準機能として解凍が出来るようになりました。

投稿日:2017年5月16日 更新日:

Copyright© 【チェシャわら】PowerShellとは、から学ぶ入門者の教科書-脱コマンドプロンプト- , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.